当社は豊富なシステム開発実績で培った経験と技術でお客様をサポートいたします

バーコードを利用した工程管理システム

お客様プロフィール

事業内容 半導体素子の製造・販売
本社 福井県

受注経緯・背景・課題

・急な計画変更への対応のために、進捗管理の精度向上が必要であった。
・顧客からの問合せに対応するために、トレーサビリティ機能の強化が必要であった。

システム概要

システム名 工程管理システム
システム内容 バーコードを利用した工程管理システム
OS クライアント:WindowsXP
サーバ:Windows2003Server
開発言語 PC:VB6 SP3
HT:BT-Navigator
DB Oracle 10.0.2.0

機能イメージ

特徴・アピールポイント

・バーコードによる入力方式を採用している。
・既存システムとデータ連携することで、データの2重入力を排除している。

導入効果

・従来、困難であった進捗状況や設備・機械の稼働状況が把握できるようになり、現場の「見える化」が推進された。
・急な計画変更や顧客からの問合せ対応の迅速化により、担当者の対応工数が軽減されるとともに、顧客満足度が向上した。

ELF担当者から

 当初は入力方式としてRFIDを想定していましたが、お客様にとって最適なものは何なのかを、改めて検討、コストパフォーマンスや業務内容等を考慮し、最終的にはバーコードを採用しました。
 また今回の開発により、現場担当者が直接、各工程の「開始」と「終了」を明示的に入力することになるため、生産性向上など現場担当者の意識改革につながるのではないかと期待しています。